2つのグレードの健全な動向

2019年の第3四半期は、グレードBプロジェクト(ドジタワー)が完成し、ハノイのオフィスの供給に3000平米のNLA(賃貸可能面積)が追加されました。2019年最後の四半期は、4つのプロジェクトが稼働し、オフィスの完成数が最大となり、合計13万3000平米の新たな供給が追加される予定です。

ハノイのオフィス市場はグレードAとグレードBの両方で引き続きよい動向が見られました。この四半期のグレードAのビルの賃貸料は、全四半期と比較して安定していましたが、前年度比5%増加し、平均26・4ドル/平米/月(VATおよびサービス料を除く)でした。同様に、グレードBの平均賃料は前年比4・4%増加し、14ドル/平米/月でした。空室率に関しては、グレードAの空室率は前年比1・7ポイント低下し、7・9%に止まりました。一方で、四半期に新しいプロジェクトが1つありましたが、グレードBの空室率は9・2%に低下し、前年比から2・3ポイント低下しました。

需要に関しては、2019年の最初の9ヶ月のネットアブソープション(吸収需要)は、約6万平米でした。需要は主に新興産業からのもので、ITやフレキシブルなワークスペースを含む大規模な賃貸エリアである必要条件があります。

フレキシブルなワークスペースの拡張
 
2019年の第3四半期の時点で、フレキシブルなワークスペースの供給量は6万平米を超え、2018年の約2倍に達しました。このようなモデルの大規模な拡張によって、供給量を維持するためにサービスを多様化するオペレーターが必要になります。一部のオペレーターはIT企業と協力してビルドトゥスーツ型でワークスペースを操作しているケースもあります。

ハン・ダン Hang Dang
CBRE Vietnamの現CEO。不動産の売買・仲介、マーケティング、調査・鑑定など、すべての事業運営を担当している。
CBRE (Vietnam) Co, Ltd. Ho Chi Minh Office
電:028-3824-6125
メール: vietnam@cbre.com
ウェブサイト:www.cbrevietnam.com