ハノイの旧称であるトンキンを冠したトンキン時代(1430年~1831年)の一般家庭をイメージした建物で、昔にタイムスリップしたような静かな空間が広がり、ベトナム人のほか、外国人にも評価が高い。メニューは主に、ベトナム北部の伝統的な家庭料理で、ハノイの人たちにとって、家庭料理はベトナムの文化を表すものの1つであり、特にトンキン時代の料理は、昔ながらの伝統的な要素を守りつつ、フランス料理からの影響も受け始めている点が特徴だ。

おすすめは全7品の「ナムフォンセット」(4~5人前73万5000VND)。「空芯菜のサラダ」、「ピクルスの炒めと茹でキャベツ」などの野菜料理はシンプルでさっぱりとした味わい。ヌックマムなどで濃いめに味付けした「雷魚のグリル」や、「豚肉とキノコ入りの揚げ豆腐」は、ご飯のおかずにぴったりだ。また、ベトナム人はご飯にスープをかけて食べる習慣があり、豚のあばら骨とハノイ名物の果物であり、ほのかに酸味があるサウの実のスープもセットに含まれている。料理は旬の食材を使うため、季節によってメニューが変わることも。そのほか、2~3人前のセットもあり、様々なシーンで利用しやすい。

広々とした店内は席の間隔が広く、隣の会話が気にならない。静かな空間で、ビジネスシーンにもおすすめ

【お問い合わせ】
タムヴィー/Tam Vi
住:4B Yen The, Q. Ba Dinh, Hanoi
電:093-712-8999
営:10~22時
LO:21時半
FB:@nhahangtamvi