ベトナムのオフな面々 Vol. 002

シーサーベトナム
川口 玲音

「休日の午前はゴルフの練習へ、午後はパソコンとキンドルを持ってカフェへ、というのが定番です」

川口さんのインスタグラムアカウント(@__lk_kt__)では
多くの店舗が紹介されている


「本はビジネス書を中心に読んでいます。
最近はライトノベルを読むようになりました」

休みの日は市内各所を散歩して、風情ある街の風景を堪能するのが楽しみの1つだ。

「ハノイは裏路地が入り組んでいて、また、道路が整備されていないところが多くて歩きにくいからこそ、散歩の面白みが増します」

場所の選択は、行ってみたいと思えるカフェを見つけるところから始まる。友人に聞くか、アプリで探すなどして、目当てのカフェを見つけたらその周辺の裏路地を散歩する。目的地以外の隠れ家風のカフェも探すようにしている。

「日本だとオシャレなカフェは店内が狭かったり、混雑していたり。WiFi環境があまり整っていないのも残念ですよね。でもハノイには店内が広くてWiFi環境が整った、くつろげるカフェが至る所にあります。そこで読書をしたりブログを書いたり、友人とチャットをしていると、気が付いたら1日中カフェにいるなんてことも珍しくはありません」

最近は気に入った店があれば、インスタグラムに写真をアップしておすすめ情報として発信している。

「せっかくベトナムに住んでいるので、当地ならではの話題や、日ごろの小ネタを発信することで、自分のベトナムでの価値を少しでも高められたらと思っています」

一方で、すでに人気のある店や、有名店にはあまり魅かれない。

「え? こんなところにこんな店があるの? という驚きや嬉しさを感じたいですよね。誰にも知られていない、むしろ経営は大丈夫なのかと(笑)、心配してしまいそうなくらいの穴場の店を、これからも見つけていきたいです」