ベトナムのゴルフスタイル、
日本との大きな違いとは?

 

 

実際のラウンドの様子。カートの運転は自分たちで

日本とベトナムでは、ゴルフのプレースタイルに多くの違いがあります。特に日本との違いで違和感を覚えやすいのは、18ホールスループレー、キャディが1人に1人につくこと、プレーイング4がないことの3点が挙げられます。また、最近日本でよく見かける2サムや3サム保証がないゴルフ場も当たり前のようにあり、その点からもゴルフ需要が増えていることが伺えます。

日本のゴルフスタイルの常識を、同じくベトナムの常識と思わず、アウェイにいるという認識で、謙虚な気持ちでプレーすることが大切かと思います。

プレー前に抑えておくべきベトナムのゴルフスタイル

◇キャディ

・1人に1キャディ。

◇チップ

・30万VNDが一般的。

◇服装

・入場時のドレスコードは基本なし。

・プレーはゴルフに相応しい服装で。(半ズボンやショートソックスはOK)

◇プレー代・飲食などの清算方法

・基本は受付の際に渡されるロッカーキーを見せ、プレー終了後に受付で清算。

・飲食の持ち込み不可のところもあるので事前に確認を。

◇貴重品

・自分で携行するか、ロッカーに入れる。ただし、盗難のリスクはあり。

・現金などはポケットに入れる方が賢明。

・カートに乗せた荷物から目を離さないこと。

◇カート

・カートは2人乗りで、キャディは後ろにつかまり立ち。

・運転は基本自分で行い、リモコンなどはなし。ゴルフ場によってはFWを走行可能。

・カートか歩きを選べるところや、カート必須のところもある。

◇ラウンドスタイル

・18ホールスループレー。ティータイムは朝6時ごろから13時ごろまでできるところが多い。

・ホーチミン市のゴルフ場の多くは、週末の午前中はメンバーのみ。ビジターの予約は難しい。

・プレーイング4はなし。池越えなどはドロップポイントの設定があるゴルフ場もある。

・喫煙ルールに関しては比較的ゆるい。

◇設備

・しっかりとした設備が揃うゴルフ場がほとんど。レストラン、ロッカールーム、シャワーなどが充実しており、ほとんどのゴルフ場が練習場を有している。

香西 保宏Kozai Yasuhiro
2013年よりダナンを拠点にドラゴンゴルフを運営。ゴルフ場の予約・送迎サービスやコンペのアレンジ、ゴルフ用品のレンタル・販売を行う。
DRAGON Golf
電:078 674 2113 
E-mail: kozai@dragongolf.vn 
FB:@bookgolfvietnam 
https://golf-danang.jp