2021年第1四半期、ホーチミン市のオフィス市場には新規供給がありませんでした。既存の供給は2020年の水準を維持しており、18棟のグレードAビルと68棟のグレードBビルからなる142万2486㎡のNLA(貸出可能スペース)が供給されました。

2020年の厳しい1年を経て、2021年の第1四半期にはオフィス市場に回復の兆しが見られ、新規需要がプラスになっています。

当四半期の新規需要は1万9655㎡のNLAで、そのほとんどがグレードAセクターからのもので、グレードAセクターの空室率は前期比で3・9ppts低下しました。グレードAの平均空室率は14・2%、グレードBは9・0%となったもののパンデミック前の水準まで回復しておらず、グレードAが3・4ppts、グレードBで3・3pptsと昨年より高くなっています。
 
CBREベトナムが記録した取引によると、第1四半期の取引は移転・拡張が全体の80%を占めます。前期までと異なり、事業の縮小による取引はありませんでした。都心へのアクセスや接続が良く、管理の質や建物の仕様が高いビルの多くは、特に7区、10区、2区、4区のビルで稼働率の改善を記録しました。賃貸面積では、情報技術、金融・銀行、保険業が上位3業種で全体の60%を占めています。物流、製造、小売・Eコマースは、賃貸面積は小さいものの、2018年以降、力強い成長を遂げています。
 
月額の賃貸料は、グレードAが42・1USD/㎡、グレードBは25・1USD/㎡となっています。両セクターとも減少傾向は鈍化しています。家主が希望賃料を引き下げた数件の新規空室を除き、ほとんどのグレードAビルは前四半期の賃料水準を維持しました。グレードAの平均賃料は、前四半期比1・7%の減少となりました。グレードBでは、前四半期比0・9%の減少となりましたが、これは当四半期に新たな空室が発生したことによるものです。

◆新規需要(Net Absorption):期間内の稼働床面積の増減

ハン・ダン Hang Dang
CBREベトナムのCEO。不動産の売買・仲介、マーケティング、調査・鑑定など、すべての事業運営を担当している。
CBRE (Vietnam) Co, Ltd. Ho Chi Minh Office
電:(028)6284 7668
メール: vietnam@cbre.com
ウェブサイト:www.cbrevietnam.com