SSI証券のベト株探訪記 No.039

複数の前向き要因
富邦がETF設立

ベトナムの3月株式市場は1160~1200ポイントの間で変動し、1190・4ポイント(前月比1・97%増)で取引を終えました。1200ポイントの強力なレジスタンスレベルを上回ったのは3月18日の取引のみとなりました。
 
株式市場は大幅に上昇しませんでしたが、いくつかの前向きな要因がありました。
 
第1に、個人投資家のセンチメントは引き続き強く、外国人投資家が売った株式を吸収。これにより、重要なサポートレベルである1150ポイントを下回ることはありませんでした。
 
第2に、格付け機関「ムーディーズ」がベトナムのソブリン格付けの見通しをネガティブからポジティブにアップグレードしてBa3格付けになり、べトナムの商業銀行の見通しもアップグレードされました。
 
第3に、第1四半期の国内総生産(GDP)成長率は4・48%に達成し、平均消費者物価指数(CPI)は0・29%にとどまりました。
 
最後に、台湾の金融大手の富邦金融が、上場投資信託(ETF)「富邦FTSEベトナム」を立ち上げました。ファンドポートフォリオには、FTSEベトナム30インデックスの30銘柄が含まれます。

市場全体の取引は
前年比約3・5倍

ホーチミン市証券取引所(HOSE)の株式売買システムの変更により、国内投資家は午後セッションの取引をハノイ証券取引所(HNX)および未上場公開株取引市場(UPCoM)に多数切り替えました。大型株の株価はアップサイドが少ないと捉えられ、国内投資家は中型株と小型株に魅了されました。投機的な銘柄のリゾート不動産大手FLCやサイゴンハノイ銀行(SHB)は特に強い結果となりました。  
 
3つの証券取引所の1日平均取引額は、3月に7億4800万USDに達し、前月比15%増と、前年比345%増に達しました。この間、個人投資家が市場を支配し、2021年3月の総取引額の91・5%を占めました(2020年は88・7%)。

ファン・リュ・フォン Pham Luu Hung
分析及び投資コンサルセンターのマネジャー。シドニー大学で修士、ハノイ貿易大学で学士号を取得。2007年より現職。
Saigon Securities Inc.
ウェブサイト:www.ssi.com.vn