投資家が注目する
2つの投資戦略

2020年11月と12月に490人以上のアジア太平洋地域の投資家を対象に実施した「2021年アジア太平洋地域投資家意向調査」において、投資家が最も投資したい市場としてホーチミン市が第5位にランクインし、投資家の関心が高まっていることを前回お伝えしました。渡航制限が続いているにもかかわらず、回答者の70%以上が
2021年に海外の資産を購入する意向を持っており、その大部分はアジア域内での購入になると予想されます。
 
パンデミックの発生以降、アジア太平洋地域の多くの投資家は、コア型投資とオポチュニスティック型投資の2つの戦略を採用していることが調査で明らかになりました。
 
当社のアジア太平洋地域リサーチ部門長のヘンリー・チンは次のように述べています。
 
「コア型投資への関心の高さは、投資家がテナントの信用と安定したキャッシュフローをより重視していることを反映しています。通常、3年以上の安定したレントロール(賃貸借条件の一覧表)を持つ資産は、収益性が担保されていない資産よりもはるかに多くの入札者を惹きつけます。
 
一方、オポチュニスティック型投資では、太平洋地域のビルド・トゥ・レンタル方式やアジア・太平洋地域の投機的物流施設など、さまざまな開発プロジェクトに資金が投入されています。
 
世界金融危機以降、初めてディストレスト資産が投資家の注目を浴びるようになり、中国本土やインドでチャンスが生まれています」

ロジスティクス
セクターは良好

パンデミックの影響で電子商取引の消費が加速したことで、このアセット(資産)クラスへの需要が高まったため、ロジスティクスは最も人気のある投資対象セクターとなりました。また、ビデオ会議やリモートワークをサポートするプラットフォームへの需要が急増したことにより、データストレージへの関心が高まりました。
 
オフィスセクターへの関心は弱まったものの、今後3年間でオフィス購買活動の縮小率は10%を超えないと投資家は楽観視しています。 

ハン・ダン Hang Dang
CBRE Vietnamの現CEO。不動産の売買・仲介、マーケティング、調査・鑑定など、すべての事業運営を担当している。
CBRE (Vietnam) Co, Ltd. Ho Chi Minh Office
電:(028)6284 7668
メール: vietnam@cbre.com
ウェブサイト:www.cbrevietnam.com