ベトナム南部では「雨が降った日は鍋」が鉄板

ハノイ料理店で出会ったティーさん

ベトナム人、特に南部に住む人たちは冬という季節がない代わりに、雨の日は鍋を食べるという習慣があるのをご存知でしょうか。ホーチミン市タンビン(Tan Binh)区にあるハノイ料理店「ゴゥ ドン スアン/Ngo Dong Xuan」へ鍋を食べに行った日も運よく(?)雨でした。

接客をしてくれた店員のティーさんは通っている日本語学校が近いのでこの店で働いているそうな。私が日本人だと気付くと話しかけてくれ、色々と聞いてみると、どうやら11月から3年間、兵庫県で働く予定で今は関西弁を勉強中とのことがわかりました。最近覚えた関西弁を尋ねると、少し悩んでから「めっちゃ、しんどい」と一言。
 
彼女はロンアン(Long An)省の出身。小さい頃はインターネットがなかったので、テレビでドラえもんやコナンのアニメをよく観ていたことがきっかけで日本に興味を持ちはじめたとのこと。ベトナム人の方と日本について話すたびに、国民的キャラクターを越えて世界中で愛されているドラえもんやコナンの影響力の凄さを改めて感じます。ティーさんは3年間日本で働いた後はベトナムに戻り、日本の企業に勤めたい!という目標があるそう。「めっちゃ、しんどい」を使う機会なく、日本の生活を楽しんで帰って来れるよう、ベトナムの隅っこから願っています。

神戸での就職を控えたティーさんと

 
彼女がおすすめしてくれた蟹の出汁に牛肉がたっぷり入った鍋はとてもおいしく、お腹も心も満たされました。気になる方は雨の日を狙って行ってみてください。

Ngo Dong Xuan
住: 63A Hoang Hoa Tham St., Tan Binh Dist., HCMC
営:9:00~22:00
Facebook: @BepnhalamNgocHa

三上 ナミ Nami Mikami

東京生まれの歌謡歌手。ベトナムのテレビ会社でVNメディアを勉強中。
https://note.com/nammymuseum
Instargram: @NammyMikami