ベトナムのオフな面々 Vol. 016

ベトナム人においしい店を聞き、日本人の友人を連れて食べ巡る

焼き鳥の店ならハイバーチュン区にある「チャンガーヌオン」がお気に入り。「2ヶ月に1回は来ています」

路上で肉を焼く光景はベトナムならでは。「どれだけ食べても飲んでも、1人15万VND前後で済むのはうれしい限りです」

「この焼き鳥に、ビールがまた合うんですよ。添えられる甘いタレもおいしいので、ぜひ付けて食べてみてください」

 
学生時代から、安くておいしくワイワイできる居酒屋が好きだった。

「ハノイ生活では、おしゃれな洋食店や和食店にも行きますが、個人的には路地にあるような露店の方に興味があります。地元の人たちが集まって食べて飲み、あの賑やかで楽しそうな様子は、日本の居酒屋文化と被るところがありますよね」
 
ベトナム料理は全般好きで、コリアンダーのような独特な香りの野菜なども問題なく食べられる。日本人が入りにくそうな露店にも抵抗なく入れるため、新しい料理を見つけては挑戦するようにしている。

「フォーの人気店『フォーティン』をはじめとしたローカルの名店はほぼ制覇済みです。今はベトナム人の友人にどこがおすすめなのかを聞いて、隠れた名店を探すのが楽しみです」
 
川瀬さんお気に入りのローカル店は、旧市街に集まっているという。

「といっても、観光客が集まる人気店ではありません。こんなところにあるの?と驚くくらいの路地裏にいい店があったりするんです」
 
そんなところへ、同年代の友人やローカル食を試してみたいという知り合いを連れていく。

「ローカル食を試してみたいけど、言葉の壁や衛生面が心配だという人は多いですね。でも、自分がおいしいと思った店しか紹介しないので、大体の人が気に入ってくれます」 
 
次の目標は、出張で度々訪れるホーチミン市のローカル食を巡ることだ。

「出張になるとお付き合いで和食店に行くことが多いので、ほとんど試せていません。いつか、各所の名物を食べ尽くしてみたいです」