UNIMAX SAIGON
住所:309 Voi la, Ben Luc Town, Ben Luc Dist. Long An Province
電話:(028)3770 1790
営業:8:00~17:00
見学:可
https://unimax.uniform.co.jp/

笹山裕二さん
代表取締役社長 
案内人

弊社のユニフォームを通して、日系企業さんのお役に立ちたいと思います!

1963年生まれ。1987年に伊藤忠商事に入社。2005年、ユニマックス サイゴン第5代社長としてホーチミン市に赴任後、中国天津駐在を経て、2016年に第8代社長として再赴任。

 

細やかな生産管理と職人技を
融合させたモノづくり

「ユニマックス サイゴン」は、特注ユニフォームの販売を行う「伊藤忠商事」と「ユニコ」、総合ユニフォームアパレルメーカーの「ボンマックス」の3社共同出資により1996年ホーチミン市に設立された、レディースユニフォームを中心とした日系100%の縫製工場。「ボンマックス」のカタログ商品をはじめ、航空会社、化粧品会社、金融機関などの特注ユニフォームやレストラン制服、白衣、作業服のレンタル製品、ベトナム内販向けのユニフォームなど、日本型の管理システムを導入し、年間約100万枚を超える製品を縫製している。

また、同社は速乾性がありシワになりにくいニットワイシャツ「楽マックス」を開発し、ベトナム国内3店舗のファミリーマートで販売。ベトナムで20年間培った縫製技術、デザイン力、コストパフォーマンスで、今後も日本とベトナムで高品質なユニフォームを提供していく。

 

\「ユニフォーム」ができるまで/

① 生地・付属品の入庫

生地は日本、東南アジア、中国などからの輸入が90%。縫い糸、ボタン、品質表示、バーコードなどは入荷時にすべて確認を行う
ロールに巻かれた状態で納品される生地は縮絨機でリラックスさせます




②仕様確認、型紙入力

日本語の仕様書をすべてベトナム語に翻訳。型紙をCADシステムで出力し、サイズを微調整する

POINT!!

CAM(自動裁断システム)


CADシステムで作成された型紙データをもとにCAMで忠実に自動裁断。作業効率と品質の安定に繋げている
機械と手作業、両方を組み合わせることで多様なデザインに対応できます

 




③型入れ・裁断

生地に無駄が出ないように型入れし、自動裁断機または手裁断する



④パーツ検査・芯貼り
裁断片はすべて検査し、傷や汚れのあるものは同じ反の中で裁ち換える。形を安定させるため、パーツによっては芯を張る

 




⑤縫製

パーツづくり(支流)や組み立て(本流)に別れて縫製作業を行う。ボタン付けミシンなど特殊ミシンも使用

 




⑥検針・梱包・出荷

縫製後は乾燥室で乾燥させてから梱包。金属探知の検針機に通した後、出荷する

体毛落下防止ガード付きの作業服も。細部にさまざまなアイデアが潜んでいます!
自社製品「楽マックス」。
半袖40万VND、長袖が45万VND。

POINT!!

中間アイロン


縫製ラインでは中間でアイロンをかけることで、均整の取れた仕上がりになる

このひと手間にこだわっています!