ベトナムのオフな面々 Vol. 012

自分のペースで楽しめる黙々とテレビゲームに夢中

「新型コロナウイルスの影響で一時期は外出自粛をしなければなりませんでしたが、テレビゲームがあったので全く苦になりませんでした(笑)」

「これが『マインクラフト』のゲーム画面です。これに飽きる日が来るのか、自分でも分かりません」

「ゲーム以外では、ガンダムのプラモデルやミニ四駆を作ったりするのも好きです。現在、サーキットでの対戦仲間を募集中です」

 
人生で初めて買ったゲームは、不朽の名作としても名高いRPG『ファイナルファンタジーⅦ』だった。

「実家では中学生まで、ゲームをすることが禁止されていました。高校生になると親が買うのを認めてくれたので、友人が勧めてくれたそのゲームを、プレイステーション本体と合わせて購入しました。これが本当に面白くて夢中になり、『ファイナルファンタジー』シリーズはⅧやⅩもやりこみました」
 
その他のお気に入りは、アクションゲーム『メタルギア』シリーズ、シミュレーションRPG『スーパーロボット大戦』シリーズ、RPG『テイルズオブ』シリーズなど。

「格闘ゲームとかはあまり好きではないんです。1人で集中してできるゲームが良いですね」
 
昨年、思い入れの強い『ファイナルファンタジーⅦ』のリメイク作品が開発中であることを知り、日本でプレイステーション4を購入し、ベトナムに持ち込んだ。

「リメイク作品は今年4月に発売されたんですが、実はまだ購入していないんです。なぜなら別のゲームにはまっていて、それに飽きたら購入しようと思っています」
 
現在毎日のようにプレイしているのが、ブロックを自由に配置し、冒険に出かけたりサイバイバル生活を楽しむサンドボックスゲーム『マインクラフト』だ。

「自分の好きなように世界を作り上げていけるんです。昨年9月頃に購入して半年ほど経ちますが、全く飽きません! 仕事終わりや週末に、徹夜でやることもありますね。おすすめなので、ぜひプレーしてみてください」