ベトナム芸能事情 ここだけの話! No.31


先日、34歳の若さで女優Aさんが亡くなりました。私のフェイスブックでも多くのアーティストや芸能関係者が彼女を追悼する投稿をしており、一時はコロナウイルスよりもその話題が目立ちました。そんな中、若手女優Bさんが、一連の事柄に対して世相を斬りました。BさんはAさんへの追悼投稿に対して、“公然の秘密“をハッキリとフェイスブックで投稿したのです。内容は、「本当に大切なことならわざわざ公言する必要はない。この追悼の投稿は単にアーティストたちのPRの手段に過ぎず、賛美されることではない」。

正直、私も同じ感想を持っていましたが、「これを言えちゃうんだ。(この世界にいて) すげぇ…」と思いました。さらに、Bさんは、追悼の投稿をしていたひとまわり以上も年上のベテラン女優Cさんに噛みつきました。Cさんについては、「私はAさんが亡くなるまで、Cさんについて知りませんでした。この老女はずっと芸能の世界にいて他の仕事は何もできない。新しいことを始めるには年を取りすぎている。子供を育てる費用を稼ぐために芸能界にしがみつくしかない」と言い放ったのです。実際、過去にCさんが投稿で得ていた“いいね”数は大体1000〜2000程でしたが、5回の追悼投稿では2〜3万に。一番多い投稿には19万にものぼりました。

仕掛けた方も仕掛けられた方も普段は記事にされるだけの話題性はありません。この一連の騒動で記者に取り上げられたのは、この批判がそれなりに的を射ていたからだと思います。SNSでは、若手女優Bさんよりもベテラン女優Cさんを擁護する声が多かったです。ターゲットにされたCさんは大変だったと思いますが、騒動について多くの記事を書かれることでフォロワー数を獲得し、より広告の単価を上げられたことだと思います。

Cさんは20年以上ベトナムの芸能界にいますが、それ自体が奇跡的です。

清水 一行
ベトナムの女優やタレントのマネジメントを担当。
テレビCMやアンバサダーなどで起用の際はご相談ください!
【お問い合わせ】グルーピーベトナム
電:038-303-0613
E-mail:info@groupie.com.vn
ウェブサイト:http://groupie.com.vn