アーカイブ: 越の国の法律相談

越の国の法律相談

改正労働法、
抑えておくべきポイントは?

越の国の法律相談  時間外労働時間と定年年齢 改正労働法が2019年11月20日に可決され、2021年1月1日から施行される予定です。 まず、労働者の月間の時間外労働時間の上限が30時間から40時間に引き上げられました。また、現行法と同様、…
Continue Reading
越の国の法律相談

外国人もがっちり貯めよう!
定期預金と貯蓄預金の違いとは?

越の国の法律相談  貯蓄預金の種類は 定期・要求払いの2つ 2019年7月から、外国人は、「貯蓄預金」が利用できなくなり、代わりに、居住者または6ヶ月以上の在留資格を持つ外国人は「定期預金」を利用できるようになりました。 「貯蓄預金」には、…
Continue Reading
越の国の法律相談

“イクメン”増加中!?
ベトナムの産休・育休給付金

越の国の法律相談  産後30日以内は 夫も育休取得可能に 日本では“イクメン”が何かと話題ですが、ベトナムでも近年、夫の育休制度が導入されています。 従前より、女性労働者は出産前後で原則として6ヶ月の産休(出産前は最大2ヶ月)を取得すること…
Continue Reading
越の国の法律相談

排ガス規制、
今後の成果に期待!

越の国の法律相談  排ガス基準が以前と 比べて厳しく 2019年3月の首相決定により、道路走行時および中古車輸入時の自動車(ガソリン車・ディーゼル車)排ガス規制が強化されました。 ▽道路を走行する自動車には、現在はレベル1(1992年欧州排…
Continue Reading
越の国の法律相談

知って損なし?
ベトナムの航空関連法

越の国の法律相談  航空関連の世界的な 取り決めの原則 航空に関連する世界的な取り決めとして「航空機内で行われた犯罪その他ある種の行為に関する条約」(「本条約」)という条約があり、ベトナムも締約国となっています。本条約は原則として飛行中の民…
Continue Reading
越の国の法律相談

ベトナムにおける
著作権保護への長い道のり

越の国の法律相談  ベルヌ条約に基づく 著作権制度 一昔前のベトナムでは、日本のテレビドラマやハリウッド映画などのDVDが大量に売られていましたが、現在では無料映画サイトやアプリでさらに手軽に見られるようになりました。どちらもほとんどのコン…
Continue Reading
越の国の法律相談

タクシー VS
配車アプリの行方は?

越の国の法律相談  両者の訴訟問題はいまだ解決せず 2016年にパイロット事業(当初2年間、その後1年延長)として開始された配車アプリサービスは、あっという間に市民生活に定着し、タクシーと配車アプリの競争はますます激しくなっています。201…
Continue Reading
越の国の法律相談

スーパーやコンビニなどの
ビニール袋に課税?

越の国の法律相談  2019年1月に全面的に引き上げ ベトナムの環境保護税は、2012年から、▽石油製品▽石炭▽HFCF(特定フロンの1つ)▽ビニール袋▽使用制限のある殺虫剤・除草剤などに対して課税されています。 その後、2015年に、原油…
Continue Reading
越の国の法律相談

ベトナムでカードを
安全に使うには?

越の国の法律相談  カード決済が増え、不正利用も増加? ベトナムでもカード決済の機会が急速に増えています。これにともなって、日本人の被害も発生しており、2019年2月に、ATMにキャッシュカードを置き忘れ、取り戻すまでの数分間にスキミングさ…
Continue Reading
越の国の法律相談

ベトナムでは屋台の営業に
ライセンスは必要? 不要?

越の国の法律相談  屋台は食品安全証明書を持っている? 屋台の食べ歩き楽しむことは、ベトナム生活の魅力の1つです。日本では、バザーやお祭りに屋台を1日だけ出店する場合でも、そのつど保健所の許可や届出が必要ですが、ベトナムではどのような規制が…
Continue Reading
越の国の法律相談

CPTPP加盟によって
変わるベトナムの法律

越の国の法律相談  ベトナムでは19年1月14日から発効 「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(TPP11=CPTPP)」は、日本・ベトナムを含む11ヶ国が署名し、署名国の過半数の批准により、2018年12月30日に発効しまし…
Continue Reading
越の国の法律相談

アルコール被害防止法案が
可決したら何が変わる?

越の国の法律相談  アルコール被害防止法案が可決の見込み ベトナム保健省の立案によるアルコール被害防止法案が2018年11月に国会で審議されました。本法案は次の2019年5月から6月の会期に可決される見込みです。 ベトナム法令においても、従…
Continue Reading
越の国の法律相談

改正競争法が2019年7月から施行開始へ

越の国の法律相談  14年ぶりに新しい競争法が施行開始へ ベトナム競争法(日本の独占禁止法に相当)は、市場経済導入が本格化しWTO加盟を控えていた2004年に制定され、2005年から商工省の外局であるベトナム競争庁(VCA)によって運用され…
Continue Reading
越の国の法律相談

強制社会保険の加入義務はある? ない?

越の国の法律相談  現時点ではまだ不明瞭な点も残る ベトナムで働いている外国人の強制社会保険への加入義務は、2014年社会保険法で新たに導入され、2018年1月から施行されていましたが、ガイドライン政令が制定されておらず、事実上機能していま…
Continue Reading
越の国の法律相談

サイバーセキュリティ法施行間近どんな影響がある?

越の国の法律相談  採決の延期の声も修正を経て、施行へ 2018年6月12日にサイバーセキュリティ法が可決成立し、2019年1月1日から施行が予定されています。 本法を所管するのは、公安省と国防省です。2016年施行のサイバー情報保護法が、…
Continue Reading
越の国の法律相談

大規模火災を貴重な教訓として生かせるか?

越の国の法律相談  強制火災保険に違反すると罰金も 2018年3月下旬、ホーチミン市内の高層マンションで火災が発生し、13人が死亡したというニュースは、まだ記憶に新しいところです。 これを受けてハノイ市・ホーチミン市の消防警察は、高層マンシ…
Continue Reading
越の国の法律相談

外れたら罰金?
罰則の対象となるベトナムの気象予報

突 如雨が降ったり、一日中曇りだったり、ベトナムの天気は特に予報が難しいと思います。ただ、気象予報が当たらなかったり、誤った報道がされたりすることで、甚大な被害が出てしまうケースもないとは言えません。実際、2016年7月27日にベトナムに上…
Continue Reading
越の国の法律相談

ベトナムの環境意識の変化自然と公共財を守る法律

越の国の法律相談  環境保全へ各政令の罰金が引き上げに 世界的に環境意識が向上する中で、ベトナムでは、2016年にベトナム中部で水質汚染が原因と見られる魚の大量死事件を境に環境意識が高まっており、最近では廃プラスチック材の輸入規制の動きも始…
Continue Reading
越の国の法律相談

ぼったくり被害は減少へ
ベトナムのタクシー、乗っても大丈夫?

越の国の法律相談  政府のタクシー規制強化と業界の対応 日本から家族や友人がベトナムに来るとき、「タクシーに乗っても大丈夫?」と聞かれたら、皆さんはどう答えていますか? 悪質なタクシーによる被害は、2010年前後の数年間がピークで、日本人乗…
Continue Reading
越の国の法律相談

観光立国を目指すベトナム
観光ガイド制度の整備が課題に

越の国の法律相談  ベトナム観光ガイド協会加入が義務に ベトナムでは、改正観光法(法律第09/2017/QH14号)が2017年国会で成立し、2018年1月から施行されました。 従来からベトナムでは観光ガイドには、国内資格と外国人観光客を案…
Continue Reading