アーカイブ: 組織と人材を活性化するために

組織と人材を活性化するために

落ち着かない日々、 前に進むための2つの対処法

こんにちは、ビジネスコンサルタントベトナムの荒澤です。いつも、ありがとうございます。 今回は落ち着かない日々の中、前に進むための2つの対処法をお伝えさせていただきます。 ざわざわとした気持ちが日々が続いています。ニュースをみても気が滅入るよ…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

離れたチームメンバーと
効果的な在宅勤務を行うコツ

こんにちは、新型コロナウイルスの流行により、世界中で働き方や学びの形が急速に変化していることを日々実感しています。私自身、在宅勤務をして、その時にいつも以上に感じたことがあります。それは、物理的に離れた中でチームメンバーと効果的に働くために…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

ベトナムで働く人々
7000名の調査結果

品質と持続性を重要視する日系企業 弊社では、この2年間で、在ベトナム日系企業の約7000名のベトナム人社員、日本人社員対象に、組織診断を実施しました。今日は、そのお話をさせて頂きます。 組織診断とは、アンケートやインタビューを元に、現状の組…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

変わりたくても変われない悩み

人間らしく充実した 生活を送るには? 一般的に「成功している人は、睡眠時間を削って働いている」と言われています。皆さんは如何でしょうか? 心理学者のハフィントン氏は、科学的な実験を元にこれを否定しました。 ◇睡眠不足では、まっとうな判断がで…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

生産性の高い
会議の開き方を考える

プロセス・ロスをなくすためには ご当地ベトナムにおいても、会議の数が多く、その会議の生産性が低いなどの声をよく聞きます。皆さんは、「会議」と聞くと、どんな場を思い浮かべますか? ワクワクしますか? 億劫だなと思いますか? 今回は「あの会議、…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

人材制度の構築
見直したいポイント

ハラスメントを冷静に受け止める 最近、人事制度の構築、見直しをしたいとお客様から問い合わせを頂くケースが増えてきました。ベトナムが本社から注目を浴びてきている中、組織らしい組織を作っていくというフェーズに入ってきている企業が増えているからだ…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

駐在中に起きやすい
自己防衛が生む摩擦

ハラスメントを冷静に受け止める 多くの企業・組織で管理職を対象にしたハラスメント研修が行われています。しかし、ハラスメントは発信者だけの問題ではなく、受信者側にも考えるべきポイントがあるかもしれません。 ハラスメントは、発信者の意図・行動と…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

在越日系企業の組織運営における
「自律化」を今一度考える

組織をリードする幹部を育成するには 今回は、日系企業のベトナムにおいての組織運営についてです。 米中貿易摩擦や経済成長のスピードなど、国内外で大きな変化が生じている中、現地法人のミッションや運営の在り方も、状況を踏まえて見直すことが期待され…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

「これから」の人事機能に
何が一番求められているか

戦略推進を人事の観点から支援する 最近、ベトナムでも戦略的人事に重きを置く組織を見かけるようになりました。今回は、「これから」の人事機能を整理し、その機能を果たすのに何をすべきかについて考えてみます。 グローバル人事の権威であるミシガン大学…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

2019年度新入社員対象
働き方に関する意識調査結果

約8000人に対しアンケートを実施 2019年3月~5月に、当社および当社グループ会社が提供した新入社員研修の受講者7992人(223 組織)を対象に、2019年度の新入社員へのアンケートを実施しました。質問内容は、働く動機と不安要因の認識…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

目まぐるしい変化の中、
「人と組織のあり方」を考える

変化を加速させる2つの要素とは このごろ、池井戸潤氏の小説『空飛ぶタイヤ』、『七つの会議』をついつい読みふけっていました。昔ながらの日本の組織体質や、利益を優先させる組織と人のありようを少し大袈裟に描写し、それに対峙し、戦う様を痛快に描いた…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

管理職の悩みベスト3
課題を解決するために

「働き方」の変革期で増える管理職の悩み 弊社は、日本で日系企業中心に130組織の管理職の皆さんに「管理者の悩み」についてアンケート調査を実施しました。その結果、1位「部下の育成スピードを上げられない」、2位「課題が多過ぎて積み残すことがある…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

国際的なリーダーの 高い成果につながる行動特性

新時代のリーダーに求められること 今回のテーマは、グローバルリーダーのコンピテンシー(行動特性)についてです。Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

仕事で疲れた時に、集中力をアップさせるには

毎日数分の瞑想を習慣化し脳を鍛える ベトナムで仕事をしていると忙しすぎて、集中できていないと感じることはありませんか。 あるデータによると、人間が本当に集中している時間はそれほど多くなく、起きている時間の47%は心が揺れ、集中できていないそ…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

「優れたリーダー」の 4つの共通点とは?

自ら具体的な言動で「意味」を示す 今回のテーマは、「未来を切り開く優れたリーダーの共通点」です。リーダーシップ研究で著名なウォレン・ベニス教授が提唱している優れたリーダーの4つの共通点をご紹介します。 ①魅力あるビジョン(Attention…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

SDGsを戦略的に活用して
ビジネスチャンスに!

持続可能な社会の実現に向けた目標 今回のテーマは、SDGsを戦略的に活用し、ビジネスチャンスにする方法です。SDGs(エスディージーズ)とは、サスティナブル・デベロップメント・ゴールズ、つまり、持続可能な開発目標の略称です。2015年9月、…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

ビジネスに関する透明性
「コーポレートインテグリティ」について

企業活動に影響する重要な要素 先日、弊社のコンサルタント(コンプライアンス分野専門)チームと「コーポレートインテグリティ」について議論しました。その話を共有させて頂きます。 「コーポレートインテグリティ」とは、「道徳・倫理に関する企業能力や…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

職場の生産性に影響を与える
「セルフエスティーム」とは?

駐在員が陥りがちな自尊心の低下 山崎豊子氏の小説『沈まぬ太陽』を久しぶりに読みました。主人公の恩地氏は、駐在員の条件を「孤独に耐えられる人」と定義する場面があります。 心理学の大家ウィルシュッツ博士に、セルフエスティームについて教えて貰いま…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

2018年度新入社員が対象
働き方に関する意識調査の結果

回答の上位は調査開始から変化せず 弊社は日本国内で2018年度新入社員アンケート調査を5882人に実施しました。その結果を今回お伝えしたいと思います。 設問①の「働く上で重視していること」は「社会や人から感謝されること」が2011年度のアン…
Continue Reading
組織と人材を活性化するために

社内でトレーナーを育成役割や期待される効用とは

信頼関係の構築や活発な交流に効果あり グローバル企業やベトナムの大手企業では、人材開発部門等の講師、若手育成担当のOJTリーダーなど、社内の教育担当者が社員教育を行っています。 これらの役割を持つ人を一般的に「トレーナー」と称します。社内で…
Continue Reading
12