Nitori Furniture Vietnam EPE
住所:Block 35, Quang Minh Industrial Park, Q. Me Linh, Hanoi
見学:一般不可
www.nitori-furniture.com

松倉重仁さん
代表取締役社長

1946年生まれ。1969年、ニトリファニチャー社の前身であるマルミツ木工社に入社。ベトナムの工場開設に伴い、2004年より現職。

弊社では、良質な原材料を海外から調達。徹底して大切に扱い、使い切ることにも注力しています

 

工夫を凝らした環境整備で「お、ねだん以上」を実現

高品質かつ低価格の家具を販売する「ニトリ」の製品を製造する「ニトリファニチャー」は2004年、ハノイ市郊外のクアンミン工業団地に工場を設立した。主に食器棚などの箱物家具、ベッド、ソファ、マットレスなどを、年間計170万~200万本生産している。

従業員数は約5000人。うち90%が女性と、家具の製造工場としては珍しい極端な男女比率が特徴だ。製造業が多く集まる北部は人材を確保しやすいといった理由から工場の立地にハノイを選んだが、応募者の多くは予想に反して女性だった。

女性でも働きやすい工場にすべく、「清潔な環境」「家具の軽量化」「生産ラインの効率化」「安全装置の徹底」など改革改善を進めた結果、従業員の帰属意識が高まり生産性も向上し、高品質と低価格の実現に成功したという。

2018年には南部ヴンタウに2つ目の工場を開設。今後は同工場を軌道に乗せ、生産量を現在の倍以上にすることが目標だ。

 

マットレスができるまで

①ウレタンの製造
マットの素材となるウレタンを自社工場内で加工、製造する。

②不織布でコイルを包む
マットレスに弾力をつけるコイルを機械に通して不織布で包み、組み合わせてマットレスの形を作る。

 

POINT!!

端材は加工して再利用

原材料の歩留まりを重視。ウレタンに限らず、木材においても徹底的に回収して再生利用する。
再利用を突き詰めて、年間で数億円ものコストダウンに成功しています

 

③布地でカバー&ミシンで縫合
ウレタンや綿を詰めて布でカバーし、ミシンで縫い合わせていく。
ミシンは多数設置。多くのスタッフが手分けして進めるので手際よく進められます

④圧縮
次々と流れてくるマットレスを1つずつ梱包して圧縮する。運搬が簡単で、スペースも取らず節約できる。
赤い帽子のスタッフは品質管理スタッフ(QC)です。各所に配置し、徹底した品質管理体制を敷いています

 

⑤出荷
圧縮したマットレスをロール巻きにして箱に入れたら出荷となる。出荷先はほとんどが日本だ。
マットレスは1日5000本近く製造。種類は固めから柔らかめまで、約30~40あります

中には、他社さまと品質は同等で半額以下を実現した高級マットレスもあります。写真の展示室では実際に寝心地を体験できますよ

 

POINT!!

耐久性チェック

新作のマットレスは必ず垂直荷重試験機やローラー試験機で、数万回にわたって耐久性を確認する。
弊社製造の家具のクレーム率がほぼゼロの状態である理由は、こういった徹底性にあります