TOTO Vietnam Co.,Ltd.
住所:Lot M-7, Thang Long ⅡIndustrial Park, Phuong Chi Kien Commune, Q. My Hao, Hung Yen(第3工場)
電話:1900-545-590
営業時間:8~16時30分
見学:可。要問い合わせ
https://vn.toto.com

田原裕之さん

1969年生まれ。1988年にTOTOに入社し、滋賀工場の製造現場に配属され、後に技術担当となる。TOTOベトナムの第3工場建設に伴い、2016年3月より現職。

ベトナムの水回りの文化を豊かにするのが我々の使命です。当社の便器はもちろん、ウォシュレットもぜひよろしくお願いします

高まる衛生陶器の国内需要世界最大&最新工場で増産

2002年に設立した「TOTOベトナム」は、ハノイ北部のタンロン工業団地で第1工場を2004年に、第2工場を2006年に稼働。ベトナム北部は衛生陶器の良質な原料が手に入るため、工場はハノイ近郊に集中させた。近年はベトナム国内の経済成長に伴って需要が一気に高まり、2つの工場では生産が追い付かなくなった。それを受けて2018年3月、フンイエン省の第2タンロン工業団地で第3工場が稼働した。

第3工場は2018年現在、同社で世界最大の面積を誇り、最新の設備が整っている。主な生産品は便器、洗面器、タンクで、便器が全体の6割を占める。  
工場は大型連休を除き、4直3交代の24時間体制。国内向けに加え、中国や米国にも出荷している。生産量は年間約60万個。現在は工場内で増設工事が行われており、2019年末のフル稼働後は、年間約100万個に達する予定だ。

 

便器ができるまで

①調製、成形、乾燥
専用の型に陶器の元となる泥、泥漿(でいしょう)を流し込み成形。その後、約48時間かけて乾燥させる。

②施釉(せゆう) 
乾燥させた便器に、ロボットを使って釉薬(うわぐすり)をかけて色を付ける。

ライン上では機械がバーコードを読み取り、製品を認識したり、釉薬をかけ終わった便器とまだのものを自動的に振り分けたりします

 

POINT!!

このバーコードは1200度の熱にも耐えられるので、焼けて消えることはありません

バーコード

便器の裏面には、トレーサビリティが管理できるバーAいる。
誰がどの時点で何の対応をしたかなど、すべて細かく記録されている。
 
 
 

 

③ロゴマークを入れる
TOTOのロゴを1つひとつ、丁寧に手作業で入れる。


いくら最新設備が整っているとはいえ、すべてが機械化されているわけではありません。ロゴマークはやはり人の手で、1つひとつ心を込めて付けています

 

④焼成
全長120mにおよぶ窯の中で約20時間かけて、約1200度で焼き上げる。

棚が数段ある台車に乗せられた製品が、窯の中をゆっくり進んでいきます

 

⑤検査、組立、梱包、出荷
抜き取り検査ではなく、全数検査を行う。曲がっていないか、穴の大きさは正しいか、色のムラはないか、水はしっかり流れるかなど、1つひとつ手作業で確認する。

焼きあがったばかりのものはこんなにツルツルピカピカしているんですよ

使用した水は掃除用に再利用するなど、当社はエコも意識しています。梱包したら出荷。写真の梱包品は海外向けで、すぐに港へと運ばれて行きます

 

POINT!!

ただ単に大きくしているわけではありません。縦幅に掛かる重力、重力の掛かりにくい横幅など、すべて計算されての大きさです。焼成前の便器の写真をよく見ると、タンクの部分が反っているのが分かりますね。これが焼き終わると平らになります

完成品より約13%大

実は、便器を成形した時点では、完成品より約13%も大きく作られている。成形後の乾燥で約3%、焼成で約10%収縮するためだ。