アーカイブ: 飯、行きませんか?

飯、行きませんか?

インドの優雅さに包まれながら自慢の絶品カレーをいただく【HANOI】

いつもと少し違う粋な接待を演出するならインド料理全般を提供する「マージ」に足を運んでみよう。同店は2018年11月にオープンしたばかりで、インド系イギリス人がオーナーを務める。天井や壁の豪華な装飾や、インドスタイルのエキゾチックな要素を加え…
Continue Reading
飯、行きませんか?

目と舌で素材の個性を楽しむ 思い出に残る一皿を味わおう【HCMC】

1区の「ホテルデザールサイゴン」23階に位置するレストラン、ソーシャルクラブのメニューが一新した。イタリア出身のエジディオ・ラトラッカ氏がエグゼクティブシェフを務め、ベトナム人シェフダニエル・グエン氏とともに、2人のテクニックと個性、センス…
Continue Reading
飯、行きませんか?

串揚げと焼き物が好評の人気店日本人料理長心尽くしの逸品を【HANOI】

在住日本人から串揚げと焼き物が美味しいと評判で、リピーターも多い和食店。料理は和食の道を長年走り続けてきた日本人料理長が手掛け、「いつ食べても変わらない美味しさ」を意識。創作料理も、料理の奥深さと豊かな味を心行くまで堪能できる。 衣が薄くサ…
Continue Reading
飯、行きませんか?

伝統とモダンを融合させたベトナム家庭料理を召し上がれ【HCMC】

3区のエムホテル内に2018年10月、ベトナム料理店がオープンした。 店内は、木の温もりを感じるインテリアで統一され、茶と緑のテーブルコーディネートが爽やかな印象だ。大小様々なテーブル席が揃い、グループでの利用やイベントなどにも適している。…
Continue Reading
飯、行きませんか?

新感覚の家庭料理で
心温まる癒しのひと時を【HANOI】

ハノイ市内のひと際豪華なホテルとして知られる「ソフィテルレジェンドメトロポールハノイ」内にある欧州料理レストラン。2018年9月にリニューアルオープンし、料理や内装が大幅にグレードアップ。ミシュランの星を獲得したレストランで長年経験を積んだ…
Continue Reading
飯、行きませんか?

バル風の店内でワインと共に 熟成肉を贅沢に食べ比べ【HCMC】

話題の飲食店が続々と登場する2区タオディエンエリアに11月11日(日)にオープンしたウッシーナエイジングビーフ&バーでは数日~数週間2~3℃で乾燥熟成させた牛肉が堪能できる。 初めての来店であれば、ぜひ「肉盛合せ3種」(40万VND~)をオ…
Continue Reading
飯、行きませんか?

各地の伝統的な味を取り入れ
新感覚のベトナム料理を確立【HANOI】

ホテル「メトロポールハノイ」で25年以上の経験を積んだ女性のビンシェフが、ベトナム各地を巡って料理を研究。伝統的な味を守りながら、現代の要素も取り入れた新しいレシピを考案している。他店では味わえないオリジナリティ溢れるベトナム料理が楽しめる…
Continue Reading
飯、行きませんか?

優しい味わいにほっと一息
旬を味わう大人の食事処【HCMC】

日本料理店が続々とオープンするファンヴィエットチャン通りの近くに10月18日(木)にオープンしたばかりの凛家。1階はカウンター席と小上がり席、2階は個室3部屋と掘ごたつ3席を備え、ジャズが流れる店内は落ち着いたトーンで統一されており会食や接…
Continue Reading
飯、行きませんか?

華美な外観、席からの眺めも見事
贅を尽くした豪邸で極上フレンチ【HANOI】

フレンチコロニアル様式の美しい佇まいで、緑豊かなガーデンテラス席やホン川を見渡せるルーフトップテラス席も備える。接待やイベント会場としても利用され、ビジネスパーソンからの信頼は厚い。 フランス人シェフが繰り出す、目に美しく繊細な味わいの創作…
Continue Reading
飯、行きませんか?

30階からの絶景とともに
グリル料理とワインを堪能【HCMC】

プルマンサイゴンセンター30階のマッドカウは、オーストラリア産牛肉を中心とした炭火焼き料理と、世界各国のワインを提供するステーキダイニング。オープンキッチンを備える広々とした店内は天井が高く開放感があり、眺望も抜群だ。 肉好きが集まる食事会…
Continue Reading
飯、行きませんか?

まるで現代アート作品の世界
各国要素を含んだ創作日本料理【HANOI】

米国ラスベガスやシンガポールなど世界の一等地に店舗を構える創作日本料理店「アキラバック」がハノイにオープンした。 韓国で生まれ、日本や米国に在住経験があり、料理に関して国際的な感覚を持つアキラ・バック氏がオーナー兼シェフを務めている。 同店…
Continue Reading
飯、行きませんか?

一貫ずつ握る本格寿司に舌鼓
1区の予約困難店が2区に登場【HCMC】

1区レタントン通りの路地内にある完全予約制の寿司店が、新店を6月に2区タオディエンエリアに開店した。 刺身、寿司、天ぷら、煮つけまたは焼き物、茶わん蒸し、みそ汁の「おまかせコース」(50万、70万、90万VND)のほか、「はなれ」では1区の…
Continue Reading
飯、行きませんか?

ハノイを感じる穴場スポット特等席で極上サーモンをいただく【HANOI】

入り口の小道を進み、途中の古びた階段を登ると店内への扉が見えてくる。フランス植民地時代の建築様式で、黒と白を基調としたシックな内装。テーブルのナプキンなど、各所にサーモンのような淡い色を取り入れているのがこだわりだ。 今の暑い時期は、9月3…
Continue Reading
飯、行きませんか?

老舗店の伝統と自信を感じる基本に忠実な王道ベトナム料理【HCMC】

約20年にわたりレタントン通りで営業していた老舗ベトナム料理店ホイアンが、ホイアンセンスと名前を変え、高級プライベートダイニング兼イベント会場オーパスサイゴンの屋上階に移転。7月22日(日)にリニューアルオープンした。 フロアの中央に小さな…
Continue Reading
飯、行きませんか?

約20年の信頼と実績に納得!
モダンな料理に舌鼓を打つ【HANOI】

店の佇まい、料理ともに高級感が漂うベトナム料理レストランで、旧市街の中心部に位置する。表通りは車や人がごったがえして賑やかだが、その喧騒が嘘のような店内には静けさが広がっている。「ガーデン」という店名の通り、緑あふれるテラス席のオアシスのよ…
Continue Reading
飯、行きませんか?

本場シンガポールの味が上陸
新鮮な海鮮を堪能しよう【HCMC】

シンガポールの旅行者向けガイドブックなどに掲載され、行列ができる有名店「ジャンボシーフード」がホーチミン市にオープンした。 看板料理は殻付きの蟹を丸ごと濃厚な甘辛ソースで味付けしたシンガポールを代表する料理「シンガポールチリクラブ」(時価)…
Continue Reading
飯、行きませんか?

種類豊富な豪華ランチセットを
個室でゆったりといただこう【HANOI】

同店のビルは8階建てで縦に高く、入り口には証明書付きの本物の兜が置かれている。店内のほとんどの席が和風の掘りごたつ、またはテーブルの個室で、手の込んだ内装の随所を見るだけでも料理の本格さは十分に期待できる。 料理は日本人料理人からしっかりと…
Continue Reading
飯、行きませんか?

南仏を代表するシェフによる
五感で味わうモダンフレンチ【HCMC】

日本総領事館の並びに白い外壁が一際目を引くレストランが2018年1月にオープンした。フランスや東京にレストランを持ち、ミシュランの3つ星を獲得した双子のシェフが手掛ける趣向を凝らした料理の数々が魅力のフランス料理店だ。 意外性のある素材を巧…
Continue Reading
飯、行きませんか?

自然と会話が弾む居心地の良さ温かさを演出するおもてなし
ピンチョ 【HANOI】

ハノイではめずらしいタパス(小皿)料理に特化したレストラン。情緒あふれる旧市街の風景を眺められる景観の良さに加え、アンガス牛、フォアグラなど、様々な高級食材を使用しつつも価格がリーズナブルなため、人気が高い。カップルや友人、家族の食事だけで…
Continue Reading
飯、行きませんか?

人気エリアにひっそりと建つ 旬を味わう予約制の寿司処
すし処 きよ田【HCMC】

2017年に開店し、間もなく1周年を迎える予約制の寿司店すし処きよ田。 昨今人気のファムヴィエットチャン通りの一角にあり、石造りの玄関の脇に看板が控えめに掲げられ、隠れ家のような佇まいだ。 店内に入るとまず目に入るのが、店の約3分の1を占め…
Continue Reading
12